メンズ

良いノベルティを作るなら名入れを依頼【販促効果が高くなる】

見てもらう回数が多いもの

カレンダー

名入れカレンダーは、販促物として人気ですが、形や大きさなど、贈る相手を考えて決めます。メモスペースが広いなど、機能性のあるカレンダーもあります。11月頃から品切れや受付が終了するので、早めに注文します。

既製品からの簡単な制作

カラーチャート

簡単に発注可能

ノベルティを制作するときに既製品を元にして名入れをする方法があります。既製品に対して名入れを行っている業者は豊富にあるため、その一つと提携して企業名やロゴなどをプリントしてもらうだけでノベルティができあがるのが特徴です。行わなければならないのは既製品の選定とプリントする内容のデザイン、プリントする場所の確定という3つのステップだけであり、簡単に発注できるのが魅力的と言えます。ノベルティの制作に時間も労力もかけられないときには既製品の名入れを活用することが多くなっているのが現状であり、そのサービスも拡大されてきました。業者側が取り扱っている既製品の種類も多くなって制作できるノベルティも幅が広がっています。

量産が楽に行える

既製品に名入れをする方法でノベルティを制作すると量産が楽に行えるのがメリットです。ノベルティをどれだけの数だけ用意しなければならないかがはっきりとわからない場合もあります。あるイベントに合わせて数百のノベルティを用意したものの、その後に同じものがさらに数百必要になるという場合もあるでしょう。そのときに業者に名入れを依頼して制作してあれば、短い納期で名入れを終えて納品してもらうことができます。既製品はもともと量産のルートが確立されているのが通常であって生産も速やかなことに加えて、業者も在庫をある程度は抱えていることが多いためです。簡単に発注できるだけでなく、量産が必要になったときにも役立つのが既製品の活用と言えます。

受け取る人を思って作る

ノベルティ

ノベルティグッズを制作するときには、もらった人が使ってくれるものを考えることが必要です。受け取る側がどんな人なのか、どんな年齢層なのかによって選び方も変わってきます。様々なシーンを思い浮かべて効果的な商品選びが大切です。

作成のタイミングは

色見本

ビジネスマンにおいてかかすことのできないアイテムに、名刺がある。名刺は、1枚当たりの単価は安いが、多くの枚数を作成することでコストも大きくなる。これらのコスト削減するには、異動が終わった時期にまとめて作成することが良い。